So-net無料ブログ作成

世界最大のカニ [生き物]

 「ねぇねぇ先生、世界で1番大きいカニってどれ位の大きさ?」先日、生徒に質問されました。私にカニの話をふってくるとは・・・なんてかわいい生徒なんでしょう。うんざりするくらい説明してあげました。でも「あれっ、これでよかったっけ?」という風に意外と忘れてることも多くて、その後自分でもう一回調べ直したりしてました。うう・・・悔しい。やはり日頃使ってない脳ミソからはどんどん知識は抜けてしまうもんだと実感、なので書き込んでおくことにしました。カニ好きのくせに最近カニの話題もないしね、まぁ良かったら雑学として役立てて下さい。

 世界最大のカニはこの「タカアシガニ」。鋏脚を広げた大きさは、雄で最大3m超!デ、デカイですねやっぱり・・・。深海にすむカニですけど、いきなり目の前に現れたら間違いなくビビるでしょうね。でも甲幅は最大で30cmなので、いかに脚が長いかってことです。ついでに付け加えると、節足動物の中でも最大の種になります。カニの中ではクモガニ科に属するんですが、その中のタカアシガニ属の1属1種なのです。どうやら系統学的にみて非常に古い種のようで、ある意味生きた化石といえる種かもしれませんな。それから意外と知られてないけど日本の固有種なんですよ。分布は本州・四国・九州の太平洋側、漁獲対象種ですけど近年は数がかなり減っているようです。これは知らなかったけど、駿河湾では名物らしいですよ。しかも地元のNHKの番組では「タカアシガニ体操」なるものまであるらしい!ぬおぉぉ~、すげー気になる・・・。タカアシガニ、なかなか魅力的なカニです。

フジヤマ体操! : NHK静岡放送局 (ページ中段の少し下あたりを見るべし) 


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

やっぱり大好きです [ロック]

 今日も1日何とか終わって実家に帰ってきました。本当はかなり疲れてたんで車も運転したくなかったんですけど、どうしても帰りたかったんです。その理由はタワレコのネットで注文していたハイロウズのDVDが届いているはずだから!なぜネットでかというと、安い上に特典付きだから。もちろんちゃんと届いてました。

FLASH BACK vol.1

FLASH BACK vol.1

  • 出版社/メーカー: ユニバーサル・シグマ
  • 発売日: 2006/02/22
  • メディア: DVD
FLASH BACK vol.2

FLASH BACK vol.2

  • 出版社/メーカー: ユニバーサル・シグマ
  • 発売日: 2006/02/22
  • メディア: DVD
 彼らが活動休止を発表してからというもの、ある意味これを楽しみに頑張ってきましたからね、早速ビールと焼酎とつまみを用意して鑑賞開始です。このDVDはハイロウズのPV集のようなものなんですが、見たことのないのも結構あって、最高に良かった。特に結成当初の映像や見たことのないライブ映像がたくさんあって、非常に楽しませてもらいました。やはり彼らの曲・パフォーマンスは最高にカッコいいです。久し振りに半泣きで一緒に歌ってしまった。もうハイロウズのライブは見れないのかなぁ、寂しい・・・。ヒロトの「こんばんは、ザ・ハイハイロウズです!」という声をもう一度聞きたい!と切に願います。それはさておき、このDVDはハイロウズに興味を持った方には本当におすすめだと思います。前にも書いたと思うけど、彼等はライブでこそその本当の魅力が発揮されるバンドだと思うので、ある意味映像から入るのもいいのかもしれん。とにかくこれを見れば彼らの良さが良く分かると思います。是非見てほしい!もちろん他のCD・DVDも全部おすすめですけど。とにかく私はハイロウズが大好きです・・・ということを再確認。

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

うまい酒 [酔っぱらい]

 四国から鹿児島に渡って以来、酒といえば芋焼酎になっていたんですが、高知に帰ってくるとやはり日本酒のお世話になる機会が多い。特に宴会となれば必ず日本酒が付き物で、片手に徳利・片手に杯を持って、座敷を終始動き回りながら返盃を繰り返す・・・っていうのが定番です。でも日本酒は次の日に残るんだよねぇ、分かっちゃいるけど毎回やらかしてしまう。そんなこともあって、日頃自分で飲むときはもっぱら焼酎なんですが、久し振りにスッゲーうまい日本酒を飲みました。

 どうやら岡山の酒らしい。高知の酒は全般に辛口なんですけど、これは非常に口当たりが滑らかというか爽やかというか・・・。味も嫌味がなくすっきりいける上に香りが立つ感じ。しかも冷でも熱燗でもいける。いやいや、本当に久し振りにうまい日本酒に巡り会ったな~。で、しばらく楽しませてもらったんですが、とうとう先日空けてしまいました。こりゃもう1本手に入れてやろうと思って調べてみたんですけど、同じものが無い。同じ酒造会社の似たようなのはあるんですが、同じものが全く見つからないのです。どうやらこれ、限定品だった模様。ああ~~~~、そんなぁ~~~~・・・。もう少し大事に残しといたらよかった。また売り出してくれるのを期待しております。でもうまい酒に出会うのってすごく嬉しいよなぁ、酒っていいもんだ。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

生物室の住人たち [生き物]

 今日はもう授業はおしまい。3年生がいないとホントに授業数が少なくて助かります。でもねぇ、なぜか以前よりも忙しいのです。この時期は色んな会議やら分掌の仕事やら提出書類が山のようにあったりでてんてこ舞いなのです。どこの学校や会社などでもそうなんじゃないかなとは思うけど、はぁ~・・・疲れますわ。で、今現在そのウンザリ気分がピークに達しましたので、息抜きに生物室の住人たちと戯れていたところです。ちょっと紹介しましょうか。

 メダカ君たちです。常にお腹パンパンです。全く餌はあげてませんが、元気いっぱい。そう、完全無給餌水槽が出来上がっているわけです。う~ん、素晴らしい。でもこのとおり、水槽の見た目は非常によろしくありません。汚いけど、まぁしょうがないか。

 皆さんお馴染みのドンコさん、フナさん、オイカワさんです。本当はヌマエビとか他の魚とかも色々いたんですけど、みんないなくなってしまいました。何故かというと、当然ドンコさんのせいです。何でもおいしくいただいてしまうからねぇ、そもそも一緒に飼ってること自体が問題なんですけど。ドンコ好きの生徒がどうしても入れといてくれというもんで仕方ないのです。何だか日々殺伐とした水槽になっていってる気がします。

 生物室の最古参、陣田井茂 慶(じんたいも けい)君です。主な餌は十代の冷たい視線、狭い空間を好むなど、ちょっと変わった生態です。ちなみに現在は誰も世話していません。生徒からの人気も全く無し。可哀相に・・・次に陽の目を見るのはいつになるんでしょう。でも常に微笑を絶やさないナイスガイ、私は密かに気に入ってます。


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

転がる石 [ロック]

 昨日は学校、今日は柔道と連続の飲みでした。しんどいといえばそれまでなんですが、やっぱり飲みは楽しいですね。特に最近学校の飲みは非常に楽しいです。色んな経験豊富な先生方の話も聞けるし、自分の悩みも聞いてもらえるしその他諸々・・・はっきりいって学生時代の飲みに近い感じがあります。きっと周りの先生方に恵まれているんでしょうね、本当にありがたい話です。ついでに一昨日は鹿児島のホリエもんからもTELがありました。30分弱も話してたはずなのに中身はゼロ。相変わらずですわ。6月には一緒にやらかそうや、反町の「ポイズン」歌ってちょうだい。

 先週・今週はTSUTAYAのレンタルが半額でした。この機会にと今まで聞きたいけど聞いてない、そんなCDを大量にレンタルして聞いてみました。その中でもこれ、今更っていう気もしますが、やっぱり良いですね、感動っす。

Exile on Main St.

Exile on Main St.

  • アーティスト: The Rolling Stones
  • 出版社/メーカー: Virgin
  • 発売日: 2005/08/30
  • メディア: CD

 っていうか、今まで聞いてなかったのかよって感じですけど、恥ずかしながらこのアルバムだけは持ってなかったんです。何はともあれ、良いですこのアルバム。ストーンズの中でも1番好きかもしれません。ストーンズといえば「Beggers Banquet」とか「Let It Bleed」とか色々と良いアルバムがありますけど、これは何ていうか古き良きロックっていう雰囲気が漂いまくりです。カッコいいよなぁ、今のメンバーはほとんどみんな60才超えてるんだよね。俺もカッコいいじいさんになろう。確かそろそろ日本にも来るんだよな、行ってみたいなぁ。もうチケット手に入らんやろうけど。ストーンズといえば○瀬さん、この批評はいかがでしょう(笑)。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。